せやま学校

家づくり対談

千鳥(お笑いコンビ) × 瀬山 彰 対談

千鳥(お笑いコンビ) × 瀬山 彰 対談

真面目すぎるほどに徹底して本物志向を貫き、知名度やブランドよりも本質を追求。自身の利益ではなく、業界の未来、子供達の未来のために命を燃やす。そんな日本が誇るプロの仕事人に、同じ志を持つ瀬山自らが指名をして、白熱トークを展開。プロとは何か?本物とは何か?私たち日本人の心に火をつける熱い熱い対談企画!待望のシリーズ化!

岡山出身の千鳥のお二人。今では代名詞ともなった「岡山弁」での漫才スタイルが生まれた背景には、笑いに対するお二人の強いこだわりがありました。一方で、お二人とも二児のパパ。これまでテレビでは見せたことがない「家庭での顔」にも、ズバリ瀬山さんが迫ります!

お笑いのプロとして頂点を目指すには自分スタイルを貫く姿勢が必要

  1. 瀬山ノブさんは、もともと大手企業に就職されていましたよね?
  2. ノブそうなんです。でもね、入社してすぐに、人生設計が終了したんです。
  3. 瀬山人生設計?終了とは?
  4. ノブそうです。全てが見えてしまった。おそらく、このまま働いていけば、結婚して、子どもができて、マイホームを建てて・・・自分が50歳になった時の将来が見えたな、と。このままではおもろないな、とね。
  5. 瀬山そんな折に大悟さんからお笑いの世界に誘われたわけですね?
  6. ノブ大悟に誘われ、遊びがてら大阪に行ったんですよ。そしたら、なんというか大阪の街のパワーや大阪の人のエネルギーにすごくわくわくしました。大阪で有名になる!とその時決意しました。
  7. 大悟本気でおもろいことやるならノブしかいない、とずっと思ってましたからね。いよいよ始まるな、という感じでしたよ。
  8. 瀬山千鳥さんの漫才を見てると、くせがすごいなーと感じます。そのくせの強さはどこからくるんですかね?
  9. ノブ一瞬売れようと思ったら簡単でね、売れてるネタを真似すればいいんです。でもね、そんなことしても長続きしないし、そんなことしたくて漫才やってるわけじゃない。だから、すぐうけるネタではなく、自分たちのやりたい笑いにこだわってやってきました。
  10. 瀬山さすがですね。でも、自分たちのやりたいことにこだわりすぎると、自己満足というか、ひとりよがりになってしまったりしないんですか?
  11. ノブとことん自分たちの笑いを突き詰めていくと、不思議なもので、お客さんのニーズに合わせられるようになってくるんですよ。この感覚わかりますかね?自分たちのやりたい笑いとお客さんが求めている笑いをあわせることができる感じですね。
  12. 瀬山なるほど、心地いい感覚なんでしょうね。変な質問ですが、売れてくると調子にのってしまうことはないんですか?
  13. 大悟調子に乗るくらいがちょうどいいんですよ。大いに勘違いして、夢を見てやっていく。自分で考えて自分で動いて自分で責任をとっていく。そのほうが人生おもしろいでしょ。
  14. ノブ岡山の田舎もんが、俺たちはダウンタウンになる!と言ってやってきたわけですから。だいぶ調子乗ってますよね。大先輩に対して本当に失礼な話ですが、そういう気持ちでやってきました。
  15. 瀬山素敵ですねぇ〜。仕事に対しては、最高にかっこよすぎるお二人ですが、家庭ではどんな感じなんですか?お二人とも二児のパパですよね。子育てには参加していますか?
  16. ノブ子育ては嫁さんに頼りっぱなしですね。育ち盛りなので、正直しんどいと思いますよ。だから、大阪に帰ったときには、嫁さんが自由な時間を持てるように、なるべく子どもの面倒をみるようにしています。
  17. 瀬山超多忙でしょうからね。奥様に感謝ですね。大悟さんはどうですか?
    よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属 千鳥

    2007年の7月にコンビ結成。キャッチフレーズは「岡山の漫才番長」で、独自の岡山弁漫才が人気を博している。「M-1グランプリ」では第3回大会で初出場。結果は最下位だったものの、大きな飛躍となる。その後「THE MANZAI」や「上方漫才大賞」などで数々の賞を獲得し、現在では多くのバラエティ番組に出演。大阪はもちろん東京でも話題のお笑い芸人に。

  18. 大悟子どもは私のことを、時々遊びにくるおじちゃん、と思っているようですね。
  19. 瀬山おじちゃん、ですか・・・
  20. 大悟こどもと二人きりなんて絶対無理。嫁には、私が一人で育てたようなもんだ、といわれますが、その通り。すごいですよ、嫁さんは。
  21. 瀬山そうしましたら、せっかくの機会ですので、奥様に日頃の感謝の気持ちを述べてください。まずは、ノブさんからどうぞ。
  22. ノブ感謝感謝。これしかないです。子育てを任せっきりにしているのに、文句一つ言われたことがありません。だからこそ、もっと仕事がんばらんと!と気合が入ります。家族は支えあうチームですから。お互いがお互いに感謝しあうことが何より大切だと思います。
  23. 瀬山帰ったら、ぜひ奥様に直接言ってあげてください。では大悟さんどうぞ。
  24. 大悟僕の場合は、家に帰っても子どもが嫁から離れないから、自由にさせてやれない。もう稼ぐしかないですよね。言葉も大事やけど、男はしっかり稼がないと。でも、こうやって仕事ができるのも、思い切り仕事に集中できる環境を作ってくれている嫁さんのおかげ。本当、ひとりで何もかもやってくれてる。世の中のお母さん!しんどいとき、心折れそうなとき、大悟の嫁よりはましか!と思ってがんばってください。ストレスがたまったときは、なんばグランド花月へお越しください!たっぷり笑わせますよ!家から出られないときは、千鳥のDVDをどうぞ!税別3,600円です!
  25. 瀬山うまくまとめていただき、ありがとうございました(笑)本当に楽しい時間でした。応援しています!
  26. ノブ・大悟こちらこそ、ありがとうございました!瀬山さんもぜひ生の漫才を見にきてくださいね!

忙しい公演の合間をぬって、インタビューに答えていただいた千鳥のお二人。テレビで見る千鳥の笑いの裏には、二人のゆるぎない信念と大切な家族の大きな支えがありました。

家づくりせやま学校
代表(イシンホーム大阪代表) 瀬山 彰
家づくりせやま学校 代表(イシンホーム大阪代表)

筑波大学理工学部卒。筑波大学(硬式野球部所属、高校数学教員免許取得)卒業後、日本最大手経営人事コンサルティング会社にて、全国ハウスメーカー・工務店を担当。住宅業界で手腕を振るう中、住宅業界の悪しき文化に疑問を覚え、家づくりの新たなスタンダードを確立することを目標に掲げる。2015年、「家づくり せやま学校」を開校。展示場では絶対教えてくれない住宅業界の裏話だけではなく、参加者全員が笑いながら勉強できる「瀬山先生の楽しい授業」が話題を呼び、各メディアからも注目が集まっている。関西を中心に年間100件以上の講演をこなしながら、雑誌コラムの連載やラジオ番組での出張授業を行うなど、活躍の場を広げている。現在は、せやま学校代表を務める傍ら、イシンホーム大阪代表も務めている。

一覧に戻る>>